読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

転職 履歴書の書き方マニュアル その2

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。

 

前回はテクニカルなことをかきました。

今回はその続きです。

 

履歴書を書く際のポイントです。

 

ズバリ

「志望動機」です。

 

なぜ「志望動機」が大切なのでしょうか?

 

「志望動機」を通して

相手(=採用側)の役に立ちたい、

という熱意

伝えることができるからです。

 

当医療カイゼン委員会の課題図書(コミック)

「銀のアンカー」三田紀房×関達也

 

銀のアンカー 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

を読んで感じたことです。

 

ナースは売り手市場なので

意外とみなさん知らないかもせれませんが、

 “相手(採用側)が何を求めているか”

意識して書くことがポイントです。

 

必ずホームページはチェックしましょう。

 

その施設では

どのような医療を行っているのか。

どのような人材が求められているのか。

 

言い方をかえると

相手の視点になってみるということです。

 

これは面接の際にも役に立ちます。

 

あなたが相手(=採用側)の立場なら

どんな人を採用したいと思うでしょうか?

想像してみてください。

 

具体例です。

これくらいのことは

書いておきたいです。

 

【総合病院なら】

「これまでの習得した

 基礎看護技術、経験を活かし、

 貴院の基本理念に沿って

 お役に立ちたいと思い、

 応募いたしました」

 

【専門性の高い施設なら】

「○○の分野をさらに勉強し、

 認定看護師を目指したいと

 考えております」

 

【一般内科、かかりつけ医なら】

「患者さまとのコミュニケーションを

 大切にし、看護をしていきたいと

 考えています」

 

などなど。

 

繰り返しますが、

相手(=採用側)の役に立ちたい、

という熱意を伝えることが大切です。

 

さて、

転職をするに当たっての原点ですが、

あなた自身がそこで役に立てる

スキルを持っていることは必要不可欠です。

 

今のあなた自身の

基礎看護技術コミュニケーションスキル

どのくらい身に付いているのかを

自分で考えてみることも大切ですよね。

 

この土台さえしっかりしていれば、

履歴書も面接も

何ら心配することはありませんよ。

 

次回は

職務経歴書」について

書きます。

follow us in feedly