読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

初任給の遣い方

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。

 

もうすぐ初任給ですね!

 

ナースのお給料は

そこそこ良いので、

服を買ったり、

遊びに行ったり、

飲みに行ったり。

 

楽しみがいっぱいです。

 

社会人になって

自由になるお金ができるのですから、

それは自然ですね。

 

さて、

そうはいっても

初任給は人生一度きり。

是非お父様やお母様、兄弟姉妹、

お世話になったお祖父ちゃん、お祖母ちゃんにも

プレゼントやお食事をご馳走することを

考えてみるのも良いのではないでしょうか。

 

そして、

遣うだけでなく、

お金を貯めていくことは

とても重要です。

 

お金は

あなたに自由をくれるから。

あなたに人生の選択肢を増やしてくれるから。

 

もしも、

この先どうしても転職したいとか、

あるいは

どうしても引っ越したい、とか

一人暮らししたい、

となった場合。

 

そんな時にお金があれば、

すぐに実行できます。

しかし貯金がなければ、

そのまま我慢するしかありません。

 

そのような状況で

100万円貯金があれば

心の余裕を持っていられます。

「その気になれば転職できる」

「いつだって引っ越しできる」

 

そう思いながら仕事をする、生活をするなら、

意外に頑張れることもあります。

 

「転職したいけれど辞められない」

「ここに住むしかない」

というのでは、

心理的なストレスは全く違ってきます。

 

だから貯金は大事なのです。

 

一方で、

貯金することは人生の目的ではありません。

守銭奴になって(という言葉は古いかもしれませんが)

預金通帳ばかり見て過ごすというのも

ツマラナイですよね。

 

要するに

お金の遣い方もバランスです。

 

人生を充実させるためには

お金の遣い方を考えて、

活きるお金を遣いましょう

というのが当医療カイゼン委員会の提案です。

 

まず100万円あれば、

少し心の余裕ができます。

 

いちばん簡単に貯金がたまるのは

給与の天引きです。

 

月々5万円天引きにすれば

ボーナスも入れれば1年ちょっとで

100万円は

すぐに貯まります。

 

病院の人事課に

共済貯金財形貯蓄といった

給与天引きの制度があるか否かを

ぜひチェックしてみてください。

 

もし病院にそういう制度がなければ、

自分の銀行口座に

月々3万円とか、5万円とか、

自動積立コースをつくっておくと

簡単です。

 

残りは、

通帳ではなく、

あなた自身に投資するのです。

つまり自分を磨くようにお金を遣うのです。

 

 

follow us in feedly