看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

誰も教えてくれなかった女性の働き方

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。

 

「誰も教えてくれなかった女性の働き方」

これは『ビジネス・ゲーム』という本のサブタイトルです。

 

 

ビジネス・ゲーム 誰も教えてくれなかった女性の働き方 (光文社知恵の森文庫)

ビジネス・ゲーム 誰も教えてくれなかった女性の働き方 (光文社知恵の森文庫)

  • 作者: ベティ・L.ハラガン,Betty Lehan Harragan,福沢恵子,水野谷悦子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/01/08
  • メディア: 文庫
  • 購入: 9人 クリック: 303回
  • この商品を含むブログ (50件) を見る
 

 

 

アメリカで100万部を超えたベストセラー。

日本では1993年に発行されたのち、

2009年に文庫版として復刊されたロングセラーです。

 

一般企業(男性社会)で仕事する女性向けということですが、

わたしたちナースにとっても役立つ内容です!

 

ビジネス社会の基礎知識として、

単に誠実に務めることだけが全てではありません。

集団の中でどのように動くか。

このことがあなたの仕事の内容やチャンスや

昇進に密接にかかわってくるのです。

これを私は「ビジネス・ゲーム」と呼んでいます。

(引用)

 

どんなにたくさんの仕事をこなしても、

どんなにすばらしい業績を上げても、

認められない存在の人はいるものです。

(引用)

 

わたし、結構バリバリ仕事して、

結果を残してきたつもりなんですが、

認められた感がなかったんです。

でもこの『ビジネス・ゲーム』を読み進めるうちに

いろいろ思い当たる節が出てきます。

 

スゴイ表現なんですが、

「会社で働くことの本質」という章に出てくるのが、

“会社は軍隊と同じ”

① ビジネスと軍隊の共通点として

  目的が明確であるということ。

  軍隊は国を守るため、

  具体的には戦争に勝つために存在し、

  企業は利益を上げるために存在する。

② 大きな組織がいくつものセクションに分割され、

  それぞれのセクションに管理する人間が配置されている。

③ 組織の中では一種の「チーム・スピリット」が要求される。

  自分の上官・上司に対して逆らうことは許されない。

(引用) 

 

この著者は言うまでもなく女性ですが、

いきなり軍隊の例えが出てきます。

上官・上司に対してはたとえイヤな人でも

服従しなければならないというのです。

 

病院に当てはめてみると

① 目的は医療を提供するため。

② 看護部があり、それが病棟や外来、

  手術室などセクションに分割され、

  それぞれに管理者がいる。

③ チーム・スピリットは要求される。

 

でも、上司に逆らう人は結構いますよね。

 

最近の若いナースは言うこと聞かない、って

思うこと多々あります。

主任のわたしに向かって「イヤです」って

平気で言ってくる中堅ナースだっています。

やっぱり資格を持っているから、

「エゴ」を出してしまうのかしら?

中には、なんにも考えずに

「やりたくないから」というだけで

仕事から逃げようとする人もいます。

 

でも“組織”というものは

基本的にトップダウン

成り立っています。

さらにボトムアップが加われば

チーム力がアップします。

とにかく上意下達の世界です。

 

なーんて、こんな風に言っているわたし自身も、

上司には結構楯突いちゃったことを

あらためて思い出しました。

自分に自信があったから

どの部署でも、あるいは自部署以外でも

看護師長さんにいろいろ

言っちゃったんですよね、意見。

で、煙たがられて、睨まれて、

結果的に、万年主任が定位置に

なってしまっている訳なんです。

 

そこで、

賢いプレイヤーとなるための6つの鉄則

① 自分の仕事の内容を十分に理解し、

  必要とされる知識や技術を身につける。

② オフィスでたとえ不愉快なことに遭遇しても、

  感情にまかせた行動は決して取らない。

③ 会議など公式の場では上司には逆らわない。

  その代わり、別のアイデアを出したり、

  インフォーマルな雰囲気で他の選択肢を持ちかけてみる。

④ あなた以外の誰かが抜擢されるようなことが

  あっても怒らない。

  技術や知識をみがいているのは

  何もあなただけではないのだから。

⑤ 全ての仕事を自分でやろうとしたり、

  誰にもまんべんなく役に立とうなどとは思わない。

  そんなことは不可能なのだから。

  あなたの仕事の結果が誰のためのものであるかを

  はっきり理解する。

⑥ ミスを犯したら、そのことにがっかりしないで、

  それから学ぶ態度を持つ。

(引用)

 

もう少しこのルールを知っておけば

わたしも出世できたのかな。

①、②、⑥は出来ていたと思うのですが、

③、④、⑤、中でも③は出来ていなかったなぁ・・・

結構言っちゃったわぁ・・・

 

もし仮にもう一度やり直せるなら、

もっとしたたかに仕事をすると思います。

 

黙って言われたことを聞いておけばよかった、と

思っている訳はありません。

言われたことはキッチリやって、

同時に自分なりに考える

“なぜ必要なのか”

“上司は何を考えているのか”

それでもって、

口には出さずに心の中に抑えとく。

 

そんな風にしておけば

また別の展開もあったかな、

なんて思っているのです。

 

10年前、いえ、20年前に読んでおきたかった

この『ビジネス・ゲーム』。

ちなみに、文庫版のあとがきには

勝間和代さんが

“人生を助けてくれた本”と書かれています。

 

唯一の救いは

この20数年の臨床経験を通して

わたし自身、“よく訓練されたプレイヤー”

なれたと思っていること。

 

本書にも出てきますが、

社会では、

実際の仕事を通じて着実に

ノウハウを身につけていった人が

求められているからです。

 

果たして、

これがどれくらい通用するのか

転職活動を通じて自分自身で

確認していきたいと思っています。

 

iryokaizencommittee-recommend.hatenablog.com

iryokaizencommittee-forstudent.hatenablog.com

f:id:iryokaizencommittee:20160811150418p:plain

follow us in feedly