読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

会議で意見なんて言わない!(後編)

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。

 

前回の続きです。

 


新人ナースの皆さんが、

会議で“意見を言わず”その代わりに

何をするのか、すべきなのか。

 

それはただ一つ!

ズバリ“議事録”です。

 

「めんどー・・・」

って思うかもしれません。

たしかにね。

気持ちは分かります。

 

でもね

“やらされる”仕事(議事録)は面倒だけど、

“自らやる仕事”からは

必ず得るものがあるのです。

 

だから自ら手を上げて、

「議事録書きます!」って

元気に言ってみてください。

 

議事録作成の一番のメリット。

 

それは

新人ナースのスキルアップに直結します。

なぜなら、議事録を“書く”ことを通して、

チーム活動の現状を知り、病棟全体の課題を

具体的に理解できる(せざるを得ない)状況になるからです。

 

新人ナースの皆さんは、

会議に参加してもただ聞いているだけで

右から左へ流れてしまっていませんか?

2、3日すると何を話し合っていたのか

あまり記憶に残ってないなんてことも

少なくないのではないでしょうか!?

しかし、議事録を担当するとなると

話し合いの内容をメモしながら

しっかり聞き取るようになります。

だって、文章にするためには

自分自身で内容を噛み砕かなければ

書けないからです。

チーム会を通して

小グループ活動の進捗状況や課題を把握することで

毎日の看護実践の中で自分の問題として

取り組むことができるようになります。

これすなわち、テクニカルスキルが身に付く近道

だから、

せっかく会議に参加するのなら

議事録を担当した方が断然プラスになります!

 

さて、もうひとつおまけがあります。

 

チーム会や合同チーム会には

主任クラスが必ず出席します。

ということは、

あなたが議事録を担当すると、

直接主任さんたちに質問、相談できるチャンスなんです。

 

日常の業務中では

先輩ナースやプリセプターに、

言われたことをまずできるようになることが最優先!

その目的・根拠や留意点まで懇切丁寧に

指導してもらえるわけではありません。

つまり

What(何をするのか)や

How(どうやってするのか)だけでなく

Why(理由や目的、その意味)まで

指導してもらえる絶好の機会なんです。

 

iryokaizencommittee-recommend.hatenablog.com

 

普段は遠慮して訊けないことでも

ここでは直に質問できるのです。

「だてに10年、20年看護師やってないわよ」

っていう人たちに基本的な質問や素朴な疑問、

今の職場の問題点や課題について

ホンネで相談できる場ってまさにココしかないです。

 

おまけに

あなたの信頼の貯金箱が増えます。

(特に看護師長は陰ながら見ています)

 

どういうことかって言うと、

上司にとって「議事録書いて」と指示するのも

それなりに結構ストレスなんです。

そこで

「わたし議事録書きます」って手をあげると

とても助かるワケ。

 

そうするとあなたは一目置かれることになるの。

そういう積極的な姿勢の新人ナースは

間違いなく先輩たちに可愛がられます。

 

だからこそ、まずはチーム会から

議事録づくりに取り組んでみてください。

 

ちなみに

数年後にはあなたも議事録作成を

指導する立場になることをお忘れなくね(笑)

 

 

f:id:iryokaizencommittee:20160811150418p:plain

follow us in feedly