看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

会議で意見なんて言わない!(前編)

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。

 

今回のテーマは「会議」

(新人ナース向け)

 

ビジネス書をはじめ、

「新人と言ってもどんどん意見をいうべき」

「新鮮な視点で発言することが付加価値につながる」

「意見を出さなければ

あなたが会議に参加している意味がない」

といった考えをよく聞きます。

 

たしかに、

一般企業、特に外資系などでは

自分の意思表示をする必要性が高いと思いますが、

医療はそこまでは進んでいないと考えています。

 

新人ナースは意見なんて言わなくていいです!

 

発言する、って結構エネルギー要るから・・・

という理由ではありません。

 

病院の会議は

一般企業の企画会議や営業会議とは

性質が異なります。

 

何かを決定するような会議ではなく、

むしろ製造業における

QC(Quality Control:小集団で行う品質管理活動)会議に

近いのではないでしょうか。

 

つまり

日常の看護実践の向上、改善のための会議。

 

チーム会の場合を考えてみましょう。

 

チーム会の目的は

チームとして結果を出すこと。

そのためには、

チーム全体の具体的な成果とは何なのかを理解し、

それに向かっていくことが重要です。

 

チーム目標って

だいたい疾患別の看護のことが多いですよね。

 

例えば、整形外科病棟の病棟目標が

「安全な療養環境を提供できる」とした場合、

Aチームとして

「大腿骨頚部骨折術後の転倒・転落を10%以下にする」。

Bチームとして

「腰椎圧迫骨折のDVTの100%予防」など。

そこから具体的に実行レベルに落とし込みます。

その成果を評価して次にどう改善していくか。

それを繰り返し、チーム会や合同チーム会で

検討していくのです。

つまりはPDCAです。

 

チーム会や合同チーム会では

1年間のチーム活動の計画や進捗状況が議題となります。

 

さて、新人ナースの皆さんにとって

自分の所属している病棟の年間目標を理解することは

決して簡単ではありません。

まずはチーム目標を実践しながら

理解を深めていくことから始めましょう。

 

それが、スキルアップ(特にテクニカルスキル)

つながります。

だからしっかりチーム会の内容にしっかりついていくこと。

それだけであなたの成長につながるのです。

 

よく分かってもいないのに

グイグイ意見を言ってしまうと

我が強い、生意気と思われてしまうリスクがあります。

まして、トンチンカンな意見なら尚更のこと。

 

ですから、まずは黙って

会議で話し合っている内容を

理解することに集中!ですよ。

 

とはいっても、

もしも意見を求められたときには

どうしたらよいでしょうか?

 

「確認なんですが、

 ○○ということで良かったでしょうか?」

などと自分の考えを整理しつつ、

“確認系”で発言することがベストです。

ちゃんと聞いていました、というアピールにもなりますし、

周囲の好感度は上がります。

そう、大切なのは可愛げ。

 

ちなみに、

新人ナースが会議中に絶対してはいけないこと第一位は

居眠り。

くれぐれも寝落ちないように気を付けてください。

たとえ夜勤明けだったとしても。

 

誤解のないように言っておきますが、

意見を持たなくて良い、と言っているのではありません。

むしろ心の中では自分なりの意見を考えておくべきです。

しかし、ガンガン言わない方が良いということです。

 

意見を言うくらいなら

もっと大切なこと、するべきことがあります。

それはまた次回。

 

f:id:iryokaizencommittee:20160811150418p:plain

follow us in feedly