読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

キレイ系(!?)ナースの“夜勤明け”

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。

 

新人ナースのみなさんは

「夜勤」業務には慣れましたか?

 

ナースのお仕事はとにかく重労働。

それに加え「夜勤」となると完全昼夜逆転生活!!

体内リズムが乱れるし、急変があろうものなら

アドレナリンが出っ放し。

申し送りから解放され、

更衣室で着替え外に出ると

羞明”に襲われ(私はコウモリか!?)、

身体は重いのに頭は冴え冴えなんてことも。

 

身体は疲れているにもかかわらず、

変なテンションでアクティブに

動けちゃったりするかもしれません。

 

ここで、“夜勤明けあるある”をいくつかご紹介しましょう。

 

・夜勤明けハイテンション

“このまま帰っても眠れないしなあ。

 明日は日勤だけど・・・

 えーい!遊びに行っちゃえ~”

というノリで、

同僚ナースたちと車で遊びに出かけてました( ;∀;)

ぶらぶら(目的なく)ドライブしたり、

ボーリングや昼カラで発散したり、

ふらふらと(買うものもなく)ウインドショッピングしたり、

夏はバーベキューでワイワイしたり。

(紫外線に曝されて。。。今では後悔)

そして・・・

気がつけば夕方、でもってグッタリ。

家に帰ってもお風呂に入れず

電池が切れたようにバタンと眠っちゃうのでした。

そして気がつけば夜中。。。

“あっ!やっちゃった~”と思いながらも

眠くてそのまま、また寝てしまい。。。

気がつけば朝。。。

出勤前ギリギリにシャワーを浴びて、

朝食も摂らないまま日勤突入(>_<)

当然、体調はすこぶる悪く顔色もくすみがち!

 

若さで乗り切れるのも限度がありますよ。

日勤中、身体はダル重く活力が出ません。

そうすると、ますます悪循環。

看護師長に見透かされて、

“あなた、昨日夜勤明けでちゃんと休んだの!?”

と痛いところを突かれ、

“あなたはプロなんだからちゃんとしなさい!”

とよく叱られてました。。。

(プロという意味が分かっていなかった)

 

・夜勤明け大食い選手権モード

「夜勤明け」は無性にお腹がすきます。

“非生理的”な状態となって

食欲増進ホルモン・グレリンが分泌されるとか。

詳細はともかく、

経験的に言って、とにかく食べたくなります。

夜勤明けにかぎって、

普段は手に取ることのないような

ポテチや各種ジャンクフードを

コンビニで買いこんだり、

ランチバイキングで暴飲暴食したり。

 

私自身、実際に同じ食行動を

何度も繰り返していました。

(若いころは反省しても止められず。。。)

「夜勤」のストレスを“食”で

発散するナースは少なくないと思います。

でもね、欲望のまま食べてしまうと

“体重はどんどん増え”

“お肌も荒れ”

“ニキビ、いや吹き出物が多発”

女子力が確実に低下。

 

・リビングでダラダラ

お風呂に入って髪も乾かさず、

なんとなく溜まったドラマやオンデマンドを観ちゃう。

だいたい途中で寝落ちてます。

リビングで油断してるから

だいたい風邪を引くことになります。

そして、浅い睡眠なので起きてもシャキッとしません。

 

若いうちは誤魔化せても、

後々響いてきます。

わたしの実体験からしても

取り戻せません。

 

だからこそ

「夜勤」の生活リズムを上手くコントロールする

って、とっても大切です。

平日しか利用できない銀行や役所の用事を

夜勤明けに済ませたい!って気持ちはわかります。

わたしもやってきて来ましたから。

 

が、(自覚はなくとも)身体は疲労コンパイです。

だから、ここはまっすぐ帰宅して、とにかく寝ること。

 

医療カイゼン委員会所属の

(自称!?)キレイ系ナースの

夜勤明けパターンをご紹介しましょう。

 

彼女は、夜勤明けたら、 

とにかく速やかに帰宅。

(コンビニには寄り道しない)

帰宅後すぐに、でも軽く入浴。

(軽めにしておかないと、

 バスタブで寝落ちて溺れかけることがある)

しっかり化粧を落として

入浴後はササッとスキンケア。

(ホントは入念にしたいところですが)

そして“LuLuLun”パックで潤いを。

コスパも良く1枚でお肌はトゥルトゥルに。

 

 

 

それから、食事も軽め。

野菜スープを中心に

固定物を一切取らない!と徹底ぶりがスゴイ。

野菜ジュースかスムージー、

そして眠気を誘うハーブティーカモミールか、

はちみつ入りホットミルク(美肌効果高いそうです)を

飲んで空腹感を満たし、でも満腹にはしないそうです。

そして真っ暗にして静かに寝る。

 

ここでポイントは真っ暗にすること。

ちなみに彼女の部屋のカーテン。

1級遮光カーテンなんですって。

日中でもホント真っ暗です。

 

確かに彼女は肌ツヤがすごくキレイなんです。

あくまで肌ツヤですが。

 

さて、わたしは

10月初めから発表やら、

レポートチェックやらが重なって、

睡眠不足が2週間続いたら、

とうとう風邪でダウン。

あらためて睡眠の重要性を実感。

 

とにかく寝ること!

食べなくても、忙しくても、

とにかく眠れば気力・体力は回復します!

 

看護師の仕事は不規則ですから

お肌のためにも睡眠をしっかりね!

 

iryokaizencommittee-recommend.hatenablog.com

iryokaizencommittee-forstudent.hatenablog.com

 

 

follow us in feedly