看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

タッチタイピング(ブラインドタッチ)

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。

 

学生時代、

レポート作成に

Wordを使ったことと思います。

まったくキーボード入力したことない!という人は

あまりいないことと思います。

 

とはいっても

タッチタイピング(ブラインドタッチ)まで

できる人はどれくらいいるでしょうか?

 

皆さんの病院は電子カルテを使用していますか?

使用しているならもちろん。

仮に今の勤務先が電子カルテでないとしても

これから先、電子カルテの導入、あるいは

転職先が電子カルテということが

どんどん増えてきます。

 

とにかく、

これから先ずーっと

キーボード入力していかなければなりません。

 

・カルテに記録するのに必要。

・書類をつくるのに必要。

・研修レポートを作成するときに必要。

 

400字入力するために

10分でできる人と

30分かかる人。

 

仮に1日3回カルテ入力するとして

1日1時間の差ができます。

1カ月20日勤務として20時間の差。

そして実際にはそれ以上の差が生じると思います。

 

基本的にナースになって必要になるソフトは

まずWord

そしてExcelPowerPointの3つですが、

とにかく

タッチタイピング(ブラインドタッチ)ができるだけで

圧倒的な時間の節約ができます。

 

これから1か月、

ネットにもたくさんありますし、

YouTubeでも

[ブラインドタッチ 練習方法]と

入力すればたくさんヒットします。

 

あるいは

近くにアビバなどの教室があれば

夜勤の始まる前に

通学するのもよいでしょう。

ぜひおススメです。

 

皆さんの“火花が散る瞬間”

電子カルテに入力している時間ではありません。

 

 

新人ナースの皆さんにとって“火花が散る瞬間”

経験を積んで基礎看護技術を身につけることです。

 

そのためには、

患者さんのベッドサイドこそがあなたのいるべき場所です。

そこに時間を割くべきところなのです。

 

そのためには

入力に時間をかけていてはモッタイナイ。

 

今後のあなたの人生で

どれだけ時間を有効に活用できるか考えてみましょう。

 

タッチタイピング(ブラインドタッチ)の修得

今なら間に合います。

 

 

follow us in feedly