読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

転職サイトを活用できるナース

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。

 

具体的にどんなナースが

転職サイトを活用すると、

今後の看護師としてのキャリアアップ

活かすことができるか考えていきましょう。

 

結婚とか出産とかについては

別の日に書きますので

今回は純粋に看護師キャリアアップの面で

進めていきます。

 

卒後5年未満、

ないし(前回書いたように)

一部署、例えば一つの病棟にしか

勤務したことのない人には、

おススメしません。

経験が少なすぎます。

たとえ転職しても

同じ科に配属されるとは限りません。

 

ですから、

まず今の職場でひと通りの業務を

自律して行うことができ、

全体把握ができるようになって、

後輩指導もできるリーダーへ成長するまでは

転職は考えず仕事頑張ってください!

 

卒後5-10年で

ひと通り仕事を覚えて、

救急対応もできて、

患者さんはもちろん、

Drや先輩、後輩ナースや

コメディカルの人たちとコミュニケーションが

バッチリ!という人。

もしあなたがちゃんと前向きで

明るく仕事してれば、

たぶん、外部からほっときゃしません!

いろんなところから声がかかります。

 

たとえば開業するDrとかから

「手伝って」なんてね。

 

となると、

30代から40代で

中堅看護師へ成長できていて

「でも今の職場のままでは。。。」

と思っている人

転職サイトの活用を

視野に入れてみるのはアリと思います。

 

しかし、あなたが50代、

特に50代中盤を超えたら、

なんとしても今の病院にしがみつくべきです。

管理職なら絶対です。

仮に管理職でなくても

夜勤を含めてなんとか続けていけるのであれば

退職金厚生年金の面からも

定年までの完走を目指して頑張ってください。

 

転職と同時に注意しておかなければならないのは

転職をしたら絶対に「辞めない」という

強い気持ちです。

現在は超売り手市場ですから

いくらでも気に入らなければ

転職先はありますが、

転職を繰り返すほど、

看護師としてのあなたの条件は悪くなります。

 

術後合併症でリオペを

すればするほど

厳しくなるのと同じような感じでしょうか。

 

ですから

転職先でずっと仕事を続けるわ!っていう

くらいの意気込みが良いでしょう。

 

いずれにしても、

一人前のナースから中堅看護師へ

成長できていれば

どこへ転職しても怖くないのです。

 

そして、他の施設で新たな経験を積んで、

あなたのスキルアップに活用していくことができます。

 

もし転職するなら

少なくとも社会保険完備であることが

最低条件でしょう。

 

転職にあたっての注意点は次回。

 

follow us in feedly