読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

気持ちはわかる! その4 疲弊・消耗の回避

新人ナース 新人看護師 心得

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。

 

前回の

気持ちはわかる!その3 10分ルール - 医療カイゼン委員会

の続きです。

 

以下は

開業医Drの意見です。

 

今回のケースは

(受付時間を勝手に早めてしまったこと)

間違いなく落ち度です。

 

さらに

ヒソヒソ話は言語道断。

 

一方、

今の医療現場は

疲弊・消耗との戦いです。

 

こちら(医療側)に

落ち度がなくても

患者さんに不快感を与えてしまうと

それに対応する余計な仕事、ストレス

発生します。

 

基本的に、

サービス精神をもって

対応することが重要になってきます。

それこそが

患者さんとの無益なトラブルの回避となります。

 

もちろんそれで

残業が長引くかもしれませんが、

今回のようにトラブルになる方が

残業すること以上に

精神的に疲弊・消耗してしまうのでは

ないでしょうか?

 

仮に受付時刻を5分や10分過ぎて

遅れてきても笑顔でお迎えする。

 

例えば

遅刻には何かの事情があるのではないか、

と想像してみてはいかがでしょうか?

 

車が故障したかもしれません。

急な仕事が入ったのかもしれません。

 

診察の後に、患者さんから

「助かったよ、ありがとう」

と言ってもらえるような

ホスピタリティ精神を持つことが、

同時に疲弊・消耗の回避につながるのです。

 

怒られて消耗するより、

感謝してもらえる方が

医療従事者として

モチベーションが上がります。

自然に仕事の充実感が出てきて

前向きに仕事に取り組むことが

できるのではないでしょうか?

 

follow us in feedly