看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

新人ナース時代の失敗談

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。

 

わたしの新人ナース時代の失敗談を披露します。

 

かつて、点滴投与の抗生剤のアナフィラキシー予防のために

皮内テストをしている時代がありました。

 

初めて抗生剤を投与する患者さんに、

抗生剤とその対照に生理食塩水を皮内注射しました。

15分程度したところで皮内反応を確認します。

 

ある患者さんにこのテストを行ったところ、

抗生剤注射部位と生食注射部位の両方に発赤がありました。

 

わたしは何も考えずに

そのまま、主治医の先生に「生食が陽性です」と

報告してしまいました。

 

そしたら

その先生に叱られて、おまけに

周りの先生にも

「さすが、○○(わたしの名前)。

 生食を注射して陽性なら、この患者さんは人間じゃないな」

(細胞は生理食塩水でできているのです)

といった皮肉を言いふらされてしまいました。

(実際には、書ききれないくらい

コテンパンに言われちゃいました (T_T)

 

今思い返すと恥ずかしい。

 

発赤が出た、というのは事実ですから、

皮内注射の仕方が悪かったのではないか、など

他の原因を考えればよかったのです。

 

だって、基礎知識が身についていれば、

生食で陽性になるわけがない、

と分かるはずだから。

まずは、先輩ナースに状況を報告していれば

先生になじられるようなことにはならなかったでしょう。

 

もう一度繰り返します。

わたしが何も考えずにそのまま先生に報告したのが

いけなかったと反省しています。

 

当医療カイゼン委員会のメンバーは

ビジネス書、自己啓発書をよく読んでいます。

その中で、わたしの印象に残っているのは

セブンイレブンの鈴木会長の言葉。

 

『常に仮説・検証を繰り返す』

 

これは、わたしたち医療の分野では

アセスメントする」ことと同じではないでしょうか。

 

いつも考える、常にアセスメントする

 

これは必ず成長に役立つことだと思います。

 

それにしても

自分の失敗は恥ずかしいですね。

 

follow us in feedly