読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師サバイバルマニュアル

看護師の自己啓発、スキルアップをホンネで語ることを目的にしたサイトです

自分、そして先輩ナースの失敗を活かすこと

新人ナース 新人看護師 教科書

 新人扱いをしてもらえる間に、新人ナースの皆さんがどれだけたくさん失敗をできるか、どれだけ多くのことを教えてもらえるか、それがあなたの将来を決めます。常に先輩たちがどう対応しているかを見るだけでも、あるいは話を聞くだけでも、将来あなた自身を助けてくれます。ですから先輩ナースの失敗談とか、あれは怖かったな、とかいった話を聞くのは大変勉強になります。

 

 いざ独り立ちしたときに、これって患者さんにとってどうすればよいのかな、どうあるべきなのかな、という場面に必ず遭遇します。そのときにどれだけ自分の引き出しに経験値・知識が入っているか。経験値も知識も少ないより多い方が有利です。

 

 そのような話を聞けるのは仕事の後くらいしかありません。仕事中は忙しくてそれどころではないし、休憩時間も限られています。したがって前回書いたように休日出勤するか、仕事の後で食事に、あるいは飲みに連れて行ってもらえる方が有利です。先輩ナースは“可愛げ”のある後輩しか連れて行きませんよ。皆さんも学生時代部活やサークル時代を思い出し下さい。そうでしたよね。

 

 とにかくいろいろな話を聞き出すこと。先輩が教えたくなる、話したくなるように仕向けることは、皆さんの成長の近道です。

 

ゴハンをご馳走して貰えて、成長できるのだから一石二鳥です。

 

ただし、このとき注意すべきポイントは二つあります。

 

 まず、先輩ナースの話を折らないように気を付けること。勉強できてその上オゴってもらえるのですから、同じ話を繰り返しても、くれぐれも水を差さないようにしましょう。ある意味、傾聴の練習と思えばよいのです。

 

 もう一つ大事なポイントがあります。果たして、その先輩ナースは話を聞くべき相手であるか否かです。それを見極める方法があります。

 

 職場の不平・不満・グチしか言わない先輩ナースだったならば、一緒に食事に行くのはそれきりにしましょう。また、誰かの悪口しか言わない先輩ナースも同様です。あなたにとってプラスにはなりません。マイナス・オーラが感染するといけませんので。

 それから評論家タイプ。「ここの職場は、こういうところがいけないんだよね」とただ問題を指摘するだけの先輩ナース。あなたはどう感じますか? 「で、一体あなたは何をしたの?」ってツッコミを入れたくなりますよね。この先輩ナースは具体的な問題解決の糸口を見つけているのかどうか、を見極めることが大切です。問題を見つけるだけではなく「ここはカイゼンの余地があるよね。そこを良くするためにはこんなことをしてみよう」と問題解決にむけて行動ができる先輩ナースの方がカッコいいですよね。

 

 当事者意識が無い先輩ナースは要注意です。自分の職場なのですから。それを他人事のように話しているのは、客観的にみると、ちょっとイタイです。

 

 問題があれば、その問題を自分のこととして置き換えられることのできる、そんな先輩ナースを見つけて、たくさん失敗談を聞き出しましょう!

 

follow us in feedly