読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師サバイバルマニュアル

万年主任が看護師の自己啓発、スキルアップについてホンネで語ることを目的にしたサイトです

大曲の花火

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 昨夜は秋田県大仙市 雄物川(大曲橋下流)で 第88回全国花火競技大会 大曲の花火 が開催されました。 全国から75万人以上の人たちが訪れ、 BSで生中継されるほどの 花火大会です。 そして花火師さんたちが その年…

くよくよしている時間はない!

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 今日はとんでもない ミスをしちゃいました。 後輩とゴハンする約束を 完全に忘れてしまっていたのです。 仕事中はスマホは ロッカーの中でサイレント。 いつもは仕事が終わったら すぐにオンにするのですが、 今日に…

そんなことをしている時間は残されていない!

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 最近は当委員会メンバーの影響で 読書するようになってきました。 この本も薦められて読みましたが、 まず、題名のインパクトに 惹かれました。 『君にはもう そんなことをしている 時間は 残されていない』 千田琢哉…

もしも救急外来で

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 夜間救急外来にて。 夜中に転んでおでこをぶつけた切創の患者さんが 来院しました、という状況を思い浮かべてみてください。 今夜は内科系のDrが救急外来担当。 意識はしっかり、XP、CTでも異常なし。 傷もキレ…

“目的”は不変じゃない

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 前回も書いた通り、 “目的”って簡単に見つかるものでもありませんし、 悩んでも答えが堂々巡りになってしまったりします。 ですから、 あまり深く考えず、 とりあえず 『看護(医療)を通じて 患者さんが健康を回復し…

“目的” それは長期にわたって目指すもの!

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 辞書で調べると “目的”とは、「実現しようとして目指す事柄」 と書いてあります。 “目的”は、“目標”に比べ抽象的で「長期にわたって目指すもの」。 一方、 “目標”は、目指す地点、数値、数量などに重点が置かれ、 “目…

人生における悲劇

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 “人生における悲劇は、 目標を達成しなかったことにあるのではない。 それは人生に目標を持たなかったことにある” これはベンジャミン・メイズという人の言葉です。 以前ご紹介した 『妹たちへ2 生き方に迷うあなた…

新人看護師の目標設定

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 就職して約3カ月経ちましたね。 いかがでしょうか。 学生時代に抱いていたイメージと 現実の仕事とのギャップ、いわゆるリアリティショックを 感じているかもしれません。 今回はこのリアリティショックの乗り越える…

新人ナースは頼まれたモン勝ち!

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 『頼まれごとは試されごと』 これは帝国ホテルの料理長を26年間務めた フランス料理シェフ村上信夫さんの言葉です。 料理人になろうと決意し、就職したものの 頼まれることは鍋磨きだけ、という修業時代。 同僚はす…

双子の兄弟の生き方

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 知人からこんなお話を聞きました。 その双子のお父さんは飲んだくれで、 仕事もせず、暴力をふるう酷い父親でした。 双子の兄は、一生懸命勉強して、進学して、 就職して、仕事も頑張りました。 双子の弟は、飲んだく…

新人ナース時代の失敗談

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 わたしの新人ナース時代の失敗談を披露します。 かつて、点滴投与の抗生剤のアナフィラキシー予防のために 皮内テストをしている時代がありました。 初めて抗生剤を投与する患者さんに、 抗生剤とその対照に生理食塩…

とにかく “YES!!”

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 前回、Just Say “Yes”! とにかく「ハイ!」と言いましょう。 と書きました。 何か指示をされたときや、 仕事を頼まれたときに、 「えーっ」とか 「でも」とか 言っても仕事が楽になる訳ではありません。 逃れること…

先輩ナースによって教え方が違う!の巻

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 同じ病院、いえ、同じ病棟内であっても、 先輩ナースによって教えてくれることが違う! ってよくありますよね。 今回は日常でよく遭遇しがちな場面をテーマにしてみましょう。 以前にも書いたように、 先輩ナースたち…

休日出勤のススメ  物品の場所を覚えましょう!

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。 以前にも書きましたが、現段階で新人ナースの皆さんにできる仕事は限られています。当面は直接の戦力になれないのはプロ野球でも皆さんでも一緒です。ですから慌てなくてもよいでしょう。一方で、できるだけ手を動か…

follow us in feedly